2015/11/11

【キャメル豆知識1】原料のらくだの毛はどこで採れる?


キャメルとは、らくだの毛のことを指し、弊社はこのらくだの毛を原料にして様々な商品を製作しています。
今回から、何回かに分けて、このキャメルについてご説明させていただければと思います。

キャメルはご存知の通り、らくだの毛です。
ウールやカシミヤ、アルパカなどと同様に獣毛の一種です。日本の市場の獣毛原料全体の中で、キャメルの占める割合はわずか0.1%以下です。
ウール原料は年間何十万トンも市場に出ているのに、キャメル原料は2000トン程度しか出てきません。
以上のことからも大変稀少な原料だということがお分かり頂けると思います。
さて、このキャメルの大半が集まるヨーロッパでは、キャメル下着は高級な商品として認知をされています。
弊社が原料として使用しているキャメル原毛は、主にモンゴル共和国、中国内のモンゴル自治区、中国新疆地区に生息しているフタコブラクダのものです。
毛が硬いといわれる中東地区のヒトコブラクダの毛は使用しておりません。

なぜなら、夏は40度以上冬はマイナス30度にもなるような、寒暖の激しい自然環境に生息しているキャメルの毛質が上質とされているからです。
らくだは毎年4月末から5月中旬に毛が抜け落ちます。その抜け落ちた毛を使用しているため、らくだにダメージを与えることはありません。
らくだの寿命は約40年といわれています。人間と長く共生していける動物です。