2016/01/20

靴下の重ね履きは、続けると破れることがあるの?


靴下の重ね履きを続けたために、靴下が破れてしまうことはよくあることです。
摩擦によって内側や外側だけでなく、間に履いている靴下が破れることもあります。だいたい同じ個所が破れやすく、その場所で体のどの場所が悪いかもわかるといわれています。
もともと、足には内臓とつながるツボが多いことや、汗腺の発達などにより内臓からの毒素が出やすいです。
その毒を吸い取ることで、繊維が徐々に溶け、最終的には靴下が破れたりすることも…。寝たきりの方でもこのような現象が起こります。
かといって、穴が開かなくても心配はいりません。それだけ毒素がないということかもしれませんし、まだ出す力がないということも考えられます。別の形で排出している場合もありますので、靴下が破れなくても心配はいりません。

冷えがとれることで、毒があまり出なくなり、次第に破れることもなくなってきます。
効果が薄れるということはありませんので、靴下が破れたらその部分を縫って履いてください。
縫うことも難しい状態のときは、シルクの素材を生かして、お風呂で体を洗うときに使ってみてください。肌にとてもいいシルクの繊維でかかとの角質にも効果的ですよ。