2016/03/15

良質な睡眠を手に入れるための寝室づくり


寝室が、眠るのに最適な空間に変われば、必ず睡眠の質は向上していきます。それでは、どんな寝室が良い寝室なのでしょうか。
簡単に言うと「整理整頓され、眠りのために準備された心地よい空間であり、睡眠を阻害するものが全くない。」というのがいい寝室です。
逆に、「物が散乱し、睡眠を邪魔するもので溢れ、日中の活動の場と変わらない。」というのは悪い寝室です。ゴロゴロしたり、テレビを見たり、インターネットをしたり…ということを寝室でしているという人は案外多いのではないでしょうか。
睡眠がちゃんと取れている人は、寝室以外で寝ることはありません。快適な寝室づくりは、規則正しい生活を送ることよりもずっと簡単で、なおかつ眠りの質を直接変える力を持っています。
快適な寝室づくりで睡眠をもっと楽しみましょう。