2016/03/25

「良い目覚め」にするために


朝、気持ちよく目覚められると一日がパワフルに過ごせますよね。今回は「良い目覚め」のためにできることをご紹介します。
まず、カーテンを開けて太陽の光を部屋に取り込みます。
照明もつけて、寝室を明るくします。
それから、パジャマを畳み、布団を片付け、ベットを整えます。できれば、外に出て太陽の光を浴びて深呼吸すれば、さらに効果アップです。
そして、歯磨きと熱いシャワーを。この時のポイントはリズム感です。
睡眠ホルモン「メラトニン」のもととなる「セロトニン」は、リズム感のある運動などで増えるということがわかっています。ですので、ぜひ歯磨きもリズミカルに、シャワーは鼻歌をうたいながら浴びてみてください。
朝食も、リズミカルによく噛んで、出勤時はリズムを意識して「イチ、ニ、イチ、ニ」と駅までの道を元気に歩いてください。
これらの行動をすることで、脳内の「セロトニン」の分泌量が増えて、昼間は活動的に働くことをサポートしてくれ、夜は「メラトニン」に変化して、質の良い睡眠に導いてくれます。