2016/05/09

ショートスリーパーとロングスリーパーについて


体質によって、睡眠時間の長い人と短い人がいます。
短い睡眠時間でも問題なく生活できる人のことを「ショートスリーパー」、平均よりも長く眠る人のことを「ロングスリーパー」と呼ぶそうです。皆さんはどちらの体質ですか?
ショートスリーパーのほうが何となく得のように思いますが、長い目で見るとそうでもないようです。
睡眠時間が5時間未満の人で、もし昼間に強い眠気が襲ってくる人はショートスリーパーというより、慢性的な睡眠不足状態だといえます。
アメリカの疫学調査の報告によると、睡眠時間が平均5時間未満の人や9時間以上の人は、ともに長生きができないと…。
9時間以上眠ると、夜はしっかり眠っているように思うのですが、その反面眠りが浅く、昼間に眠くなるケースが多いようです。4〜5時間睡眠でも平気な人は、活動時間が増えて得のように感じますが、長い一生で考えると、いろいろなストレスが影響して長生きがしにくいようです。
ベストな睡眠時間は7〜8時間だそうなので、病気にならないよう長生きするためにも、毎日決まった時間に7〜8時間程度の睡眠を心掛けるようにしたいですね。