2015/05/02

キャメル肌掛布団の縫製について


「キャメル布団綿の難しさ」の続きです。

スムースの生地は普通、下着の生地として使われています。
布団の側生地として使われるのはほとんどありません。

ですので、普通の布団の側生地を縫製している職人さんにはとても嫌がられます。

私も断るのが普通だろうと思っています。
実際、依頼しているメーカーの縫製職人は5人ぐらいやめてしまいました。
それぐらい、嫌なのです。

普通の布団の側生地はほとんど通気性がすくないT/C(ポリエステルと綿の混合した生地)か ブロード(綿で打ち込みがつまっている生地)で製造をします。
生地も伸びず、、縫製も楽なので、大量に製造することができます。

しかし、スムースの生地は非常に柔らかく、まっすぐ縫製するのがとても難しいのです。
だから1日10枚ぐらいしか製品できません。

だからこそ、1枚1枚に“愛情”がこもるし、大事な商品になります。

もう一つ、スムース生地にこだわる理由は、キャメルの毛は常に呼吸をしているということです。
本当の気持ち良さを伝えるには、原料が呼吸しやすい生地のほうが良いと考えています。

キャメルの毛は放湿性が高いので、どんどん湿気を出しく、
でも肌触りの良さは妥協したくありません。

スムースの生地は柔らかくそっと肌に寄り添ってくれます。
一度使ってみると病みつきになるのは、間違いありません。

疲れていると、我が家の子供達もこの布団で寝たいと言ってくれます。
キャメル綿はスケール(毛のギザギザ)がほとんどないので、綿の回復性も非常に高いのが特徴です。

だから弾力性も非常に良いです。
是非試してください。

普通のブロードの生地にゴルフボールを落とすと


このようになりますが、スムースの生地のキャメル肌掛布団にゴルフボールを落とすと


こんなに深く沈みますので、柔らかさの違いがあることがわかっていただけるかと思います。


中身はキャメルの綿でいっぱいで、ふっくら布団です。

キャメル肌掛け布団

是非試してみてください。


つづく・・・・