2015/06/10

末永く使ってほしい。
キャメル製品のお手入れ方法のご紹介


今回はキャメル製品のお手入れ方法をご紹介します。


キャメル毛布のお手入れ

日頃のお手入れ
・風通しのよいところで、直射日光を避けて、陰干ししてください。
日光に当たった布団は、寝汗の吸収がよくなり、心地よく眠れます。
殺菌効果のある紫外線によって、ダニ対策にも効果的です。
・毛並みに沿ってブラッシングすることで、ホコリが取れ、なめらかで風合いもよくなります。
(ブラシは市販の洋服ブラシをお使いください。)
・ご使用中の摩擦やお洗濯により、毛羽立ちやピリング(毛玉)が生じた場合は、ブラッシングやピリングカッター(毛玉取り器)でお手入れしてください。
お洗濯は?
・お洗濯する前に、取り扱い絵表示を確認し、家庭で洗えるものか、洗えないものか確認してください。 のびふわ毛布・のびふわ膝掛毛布・6重ガーゼリバーシブル毛布 ・洗濯機での丸洗いが可能です。もちろん、手洗いやドライクリーニングでも大丈夫です。
・洗濯機を使用される場合は、洗濯ネットに入れ、弱水流で、やさしく洗ってください。
毛羽が付着しないように、屑取りネットをお使い頂くとより良いです。
他のものとは一緒に洗わないでください。
洗濯中に毛羽が抜けることがありますが、商品の品質が著しく変わることはありません。
水温30℃以下の水で、中性洗剤を使って洗ってください。
・脱水後はすぐに干すようにしてください。そのまま放置すると、シワや臭いの原因となります。
・タンブラー乾燥は縮みの原因となりますのでお避けください。
・形を整えて、陰干ししてください。
ストレッチ毛布・ストレッチ膝掛毛布・マシュマロ毛布・マシュマロポンチョ ・手洗いかドライクリーニングでお願いします。
他のものと一緒に洗わないでください。
洗濯中に毛羽が抜けることがありますが、商品の品質が著しく変わることはありません。
水温30℃以下の水で、中性洗剤を使用して、洗ってください。
・タンブラー乾燥は縮みの原因となりますのでお避けください。
・軽く絞り、形を整えて、陰干ししてください。

ジャガード毛布・ジャガード膝掛毛布・キャメル100%毛布・キャメル100%衿抜毛布) ・ドライクリーニングでお願いします。
保管方法
1. 製品を十分に乾燥させます。
  2. 布団ケースに入れるか、木綿の風呂敷など通気性の良いものに包みます。
ラクダの毛は虫の大好物なので、必ず防虫剤を使用してください。
3. 押し入れの上段など、なるべく湿気の少ない場所に保管します。
  4.湿気取りシートや乾燥剤等入れるとなお良いです。
〈キャメル屋がオススメする防虫剤〉『KUSU消助 しょうのう』『KUSU香(シリカゲル)』
国産のクスノキから抽出した天然しょうのう100%!安心安全だからオススメします。さわやかなメントールのような香りで、風にさらすと消えるので、化学物質の防虫剤のように布団に匂いが残ったりしません。
キャメル敷布団 敷パッド 肌掛布団 オーガニックコットンキャメル枕のお手入れ
日頃のお手入れ ・風通しのよいところで、直射日光を避けて、陰干ししてください。
日光に当たった布団は、寝汗の吸収がよく、心地よく眠れます。
殺菌効果のある紫外線によって、ダニ対策にも効果的です。

・布団は、表裏ひっくり返して、まんべんなくお使いください。
抵抗無ければ、衿元と足元もひっくり返して使っていただくことで襟元の黄ばみがつきにくいです。

・「布団たたき」ではたたかないでください!強くたたくと綿の繊維がちぎれ、綿切れやほこりの原因となります。干した後、取り込む際に手のひらを広げ表面に付いた汚れを払う程度にしてください。
お洗濯は? ・ドライクリーニングでお願いします。 保管方法 1. 製品を十分に乾燥させます。
  2. 布団ケースに入れるか、木綿の風呂敷など通気性の良いものに包みます。ラクダの毛は虫の大好物なので、 必ず防虫剤を使用してください。
3. 押し入れの上段など、なるべく湿気の少ない場所に保管します。
  4.湿気取りシートや乾燥剤等入れるとなお良いです。
〈キャメル屋がオススメする防虫剤〉『KUSU消助 しょうのう』『KUSU香(シリカゲル)』
国産のクスノキから抽出した天然しょうのう100%!安心安全だからオススメします。さわやかなメントールのような香りで、風にさらすと消えるので、化学物質の防虫剤のように布団に匂いが残ったりしません。
カバーのお手入れ

日頃のお手入れ ・汗や脂をじかに吸収するカバーやシーツは、布団を汚す原因にもなりますので、特にこまめに洗濯してください。 お洗濯は? ・カバーはどの商品もすべて洗濯機で丸洗いできます。
・ファスナーの付いているタイプのものは、裏返しにしてファスナーを閉じて洗うと、四隅に溜まる糸くずや他の洗濯物の混入を防げます。
しかし、カバーの汚れがひどい場合は、裏返さないほうが汚れが落ちます。
・洗濯機を使用される場合は、洗濯ネットに入れ、弱水流で、やさしく洗ってください。
毛羽が付着しないように、屑取りネットをご使用頂くとより良いです。
なるべく他のものと一緒に洗わないでください。
洗濯中に毛羽が抜けることがありますが、商品の品質が著しく変わることはありません。
水温30℃以下の水で、中性洗剤を使用して、洗ってください。
・脱水後はすぐに干すようにしてください。しまったまま放置すると、シワや臭いの原因となります。
・タンブラー乾燥は縮みの原因となりますのでお避けください。
・形を整えて、陰干ししてください。
靴下 インナーのお手入れ

お洗濯は? ・洗濯機で丸洗いできます。
中性洗剤を使用して、洗ってください。(インナーは40℃以下の水温でお願いします。)
・脱水後はすぐに干すようにしてください。そのまま放置すると、シワや臭いの原因となります。
・タンブラー乾燥は縮みの原因となりますのでお避けください。
・形を整えて、陰干ししてください。
湿気の多いこの季節、少しだけ保管方法に気をつけていただき、末永くキャメル毛布の良さを体感してください。